スポンサーリンク

【DIY】木工でキッズチェアを作ってみました

木工

この記事の内容は動画にまとめています。
動画も合わせてご視聴いただけると幸いです。

子供用の小さな椅子を作ってみました。

以前制作した木製PCデスクの端材を利用して作ったので製作費は0円。


木材はホームセンターで手に入る安価なホワイトウッドを使用しているので、材料を購入したとしても500円ほどで作ることができると思います。

スポンサーリンク

設計図

設計図・寸法図は300円で販売しています。
もし、ご興味があればご活用ください

[Plan]Kids Chair
This is Plan. Data products such as blueprints and assembly manuals. youtubeで公開しているKids Chairの設計図です。 設計図はコンテンツ運営の...

作り方

自作の丸鋸ガイドを使って同じ長さに切り揃えます。

仮置きして正確に切断できているか確認します。

子供が使うものなので絶対に壊れてはいけません。
そのまま木を接着すると強度不足ですから、家具などに利用されているダボ接合することにしました。

ダボ接合とは、このような木片を埋め込むことで表面にビス穴を残さず、しかも強度の高い接合を行う技法の事。

まず、下のようなダボ錐を使って穴直径6mmの穴を開けます。

穴を開けたらダボマーカーを穴に挿入します。

いちいち定規を使って罫書き線を入れるのは面倒なので、木材同士を合わせてダボ位置を転写します。

ダボマーカーで位置を転写したらダボ錐で穴を開けます。

ダボ木に接着剤をたっぷり塗布し、穴に挿入します。
釘用の金槌を使うとダボが割れてしまうことがありますから、写真のように木槌を使うとよいです。

接着面にも接着剤をたっぷり塗布して接合します。

クランプを使ってしっかりと圧着します。

クランプすると接着剤がはみ出します。
接着剤が固化する前にきれいに拭き取りましょう。

接着剤のふき取りにはピジョンのおしりナップがお勧め。
布が厚手で適度な湿り気があってきれいに接着剤を拭き取ることができます。
化粧水配合ですがほぼ水なので木材にシミなどは一切残りません。
しかも安い。
一度使ってみてください。

椅子の形になってきました。

1×4材をカットして椅子の座面を作ります。

バンドソーで椅子にはめ込むための切り込みを入れます。

サンディングして木材の面取りをします。
子供が使うものなので丁寧に仕上げます。

座面を接着していきます。

接着したら補強のために木ネジで固定します。
しかし、木ネジが座面から見えてしまっては見た目がよろしくありません。
なのでダボで目隠しすることにしました。
まず、Φ8mmのダボ錐で座繰りを入れます。

座繰り穴に木ネジを入れて補強していきます。

次にΦ8mmのダボを作ります。
市販のダボでももちろん可能ですが、アクセントに黒系の木材を使ってみました。
ダボドリルというものを使います。

ウォルナットの端材をダボドリルで加工します。

ある程度おおよそ1cmほど加工したらマイナスドライバーなどで取り出します。

作ったダボを座面の穴に接着剤を塗布して埋め込みます。

はみ出た部分をダボ切鋸で切り取ります。
ダボ切鋸は通常の鋸とは異なり、アサリがないので木材の表面に傷ができないという特徴があります。

紙やすりで切断面を整えます。

木目を生かしたいので、仕上げにワトコオイルを塗布します。

最後に余分なワトコオイルを拭き取れば完成です。

大人が椅子の上に乗ったり跳ねたりしても壊れない丈夫な作りです。

 

コメント

ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapanesePortugueseRussianSpanish