圧入されたベアリングの交換(Kitmillスピンドルユニットのメンテナンス)

スポンサーリンク

NCフライスキット(kitmill)で、頻繁にカーボン(CFRP)を切削しています。
難切削といわれるカーボンですが、オリジナルマインドのFRP用ルーターは値段の割に長寿命で切れ味も申し分ありません。

ところが、カーボンの切子はパウダー状になるので、切子を吸引していても機械の可動部に入り込み、摩耗を早めてしまいます。
特に、初期のころは集塵機もなかったので尚更です。

案の定スピンドルユニットのベアリングが摩耗し、異音が出るようになってしまいました。
今のところガタつきなどは見られませんが、このまま使っていても良くなる事はないので、ベアリングを交換することにしました。

kitmillのスピンドルユニットは、下の写真のようにホルダーに圧入されていて、正規の方法でベアリング交換出来ないようになっています。

ベアリングを外すには”ベアリングプーラー”を使います。

kitmillのベアリングはフランジ部がないので、ベアリングの内径部分に工具を引っかけて引き抜くタイプのベアリングプーラーを用意しました。

ベアリングを引き抜く際は内側に大きな力が加わるため、ベアリングの再利用はできなくなるので注意が必要です。

ベアリングの内径に合わせたフックを挿入します。

ベアリングに挿入したフックへ、引き抜き工具をねじ止めします。
これにより、フックの先端が開いて外れなくなります。


Sponsored link

ベアリングプーラーのねじを締めあげるとベアリングが外れる仕組みです。

きれいに抜けました

ベアリングが外れたので新しいベアリングを取りつけます。
取りつける時は、ねじとワッシャーを使いました。
特に注意する点はありませんが、ワッシャーがベアリングの直径より小さいと、内側のリングに力が加わり歪んでしまうので必ず大きめのワッシャーを用意しましょう。

ベアリングをボルトとワッシャーで挟み、ボルトを締めていきます。

最後までベアリングが入れば作業は終了です。

FRPの切削片がベアリング内部に侵入し難いように両面ゴムシールドタイプのベアリングにしてみました。
少しでもベアリングの寿命が延びればよいのですがどうでしょうか?

ちなみに、ベアリング交換後にスピンドルの振れを測ってみましたが、交換前と変わらずの精度でした。

スポンサーリンク

フォローする