NCフライスの監視カメラ用電源を三端子レギュレーターに変更

スポンサーリンク

NCフライスはステッピングモーター電源、パソコン電源、集塵機電源、スピンドル電源、監視カメラ用電源がありタコ足配線になっています。

そこで監視カメラ用の電源をステッピングモーター用の24Vスイッチング電源から取ってACアダプターを省略することにしました。

ただし、カメラの使用は12V420mAなのでレギュレーターで変圧する必要があります。
そんなわけで秋月電子で12V変圧レギュレーターを購入しました。
コンデンサとセットで100円です。基盤は最小の4×4ピンを利用します。
DSC_4552

組み立ては部品図の通りはんだ付けするだけ。
部品は3点なので1cm四方の基盤に収まります。
DSC_4560


Sponsored link

裏側はこんな感じ
DSC_4564

IN側とOUT側の配線をして完成です。
DSC_4566

WEBカメラの消費電力は420mAなので放熱板が必要です。
手持ちの50mm角アルミ放熱板があったのでこれを利用することにします。
レギュレーターを固定するためのM3タップ加工しました。
DSC_4571

完成したレギュレーターをプラねじで固定します。
放熱板もちょうどよい大きさで、WEBカメラと接続してもほんのり暖かくなる程度です。
DSC_4578

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで自作工房をフォローしよう!

スポンサーリンク

フォローする