自作NCフライス遂に完成

Sponsored link


外注していたNCフライスの天板が届きました。

経費節約のため、裏側の肉抜きは荒加工のみ
_DSC0002

表側はフライス加工で注文していたのですが、寸法が出ないとの事で見積もり料金はそのままにロータリー研磨仕上げまでしていただきました。
_DSC0003

早速脱脂した後、さび止め塗料を塗布します。
(さび止め塗料は裏面だけ)
_DSC0004


Sponsored link

NCフライスに天板取り付け具をねじ止め。
本来、このネジ穴はワークスタンドと固定するために設けた穴でしたが、天板を支えるのに丁度良い場所です。
_DSC0006

天板を乗せるとこんな感じ↓
_DSC0012
ちなみに、固定ねじを増し締めすると、歪みが生じる懸念がありました。
歪みがひどい場合はキサゲで面合わせする予定でしたが、特に変化が見られなかったのでこれで完成。

やっと完成~

スピンドルの直角度はまだ出していませんが、早速試し切り。
両面テープでアクリル板を貼り付けて平面切削してみます。
各軸の動作、スピンドルのON、OFFタイミング、集塵機のON、OFFなどスムーズに動作することが確認できました。
_DSC0015

設計段階では2か月くらいで完成させるつもりでしたが、軸の高精度化に手間取り、結局一年がかりでやっと完成しました。
完成したといっても、まだ防塵カバーやスピンドルの直角出しなど未完全な部分があります。
さらに、今回は試し切りでアクリルを平面出ししましたが、本来はアルミの加工テーブルを乗せるので実は本格的な加工はまだできません。

そんなわけで、これから徐々に各部品の作りこみと調整をして仕上げていきます。

関連記事



Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です