光学(オプティカル)ポンチを個人輸入してみた~Optical Center Punch~

Sponsored link


以前から気になっていた光学式ポンチ。
購入する機会があったのでレビューも兼ねてご紹介します。

DSC_3231

日本国内では過去に販売していたらしいのですが、現在販売しているところを見つけられません・・・

唯一ヤフオクで出品されているのですが、価格が高く自分が欲しいポンチではなかったのでアメリカから個人輸入することにしました。

個人輸入は経験が無いと敷居が高く感じられますが、基本的に住所をローマ字で書け、クレジットを持っていればだれでも購入できます。
トラブった時は対応が面倒ですが、過去に10回ほど購入していますが今のところスムーズに取引できています。
最近は円安で輸入は損した気分ですが仕方がありません。

あと、関税ですが、一度だけ税関から「何に使うの?」と電話があったのですが、今のところ関税を取られたことはないですね。
個人輸入でも関税を取られることもあるらしいのですが、この辺は税関の裁量ということでしょうか?
良く分かりません。

前置きが長くなりましたが、そんなわけでカナダ製のOptical Center Pontchi(オプティカルセンターポンチ)を輸入してみました。
空輸を使ったので注文完了してから僅か2日で到着。(早い)
↓今回購入したオプティカルポンチ
DSC_3228
送料は約23ドル。船便だと15ドルなのですが、到着まで8週間以上かかり、紛失リスクもあるので空輸にしておきました。

ちなみにポンチ自体の値段は約40ドルです。

光学ポンチの使い方

DSC_3230
一通り、オプティカルポンチの使い方を紹介します。
購入したポンチの中身はこんな感じ


Sponsored link

DSC_3234
まず、中央の金色の本体に左側の透明な棒を挿入します。

DSC_3246
金属本体の裏側にはゴムリングがはめられていて、滑り止めになっています。

DSC_3238
その状態で、ケガキ線を入れたワークに置きます。

IMG_0465
ポンチを上から見ると、この様に十字線が見えます。
光が入りやすい設計になっているのか、覗き込んで影になっても割と明るくはっきりと十字線が見えます。
×8光学レンズとなっているので十字線が拡大され、センターはとても合せやすいです。
ケガキ線の交点とポンチの十字線を合せます。

DSC_3245
ちなみに、この透明棒はアクリルでできていて、底面に十字線の溝がほられています。

DSC_3240
センターを合せたら、金色の本体をずらさないように透明棒を抜き取り、金属ポンチに交換します。
ポンチを挿入したらプラスチックハンマーなどで叩けばポンチの完了

IMG_0467
再び透明棒を挿入して穴位置の確認をしてみました。
どうでしょうか?意外と中心を叩けているのが分かると思います。

 

オプティカルポンチは結局どうなの?

オプティカルポンチを使用した感想は、高級感はあるのですが決して品質はあまり良いものではありません。
まず、センター合わせをする十字線、実は心が出ていません。
透明棒を回すと中心がずれてしまうのです。
幸いにも、本体に透明棒を挿入する際、一定の位置に合わせれば安定して正確なポンチが打てるので使い物にならないことはありませんでしたが・・・

DSC_3248
透明棒はこの様に切り欠き部分があるのでそれを目印に、金属本体に書かれている文字を合せる必要があります。
この位置は何度か試し打ちしてポイントを把握しておく必要があります。

 

次に、割と面倒だという事です。
本体に透明棒を挿入→サイト合わせ→金属ポンチと入れ替え→ポンチングという一連の流れになりますが最初から通常のポンチに慣れていると煩わしく思うかもしれません。

通常のポンチの場合、ケガキ溝にポンチを合せてセンターを探る→軽くポンチ→確認→強くポンチという流れになります。
ツールの入れ替えが無いので慣れれば素早くポンチが打てます。

最後に値段。
光学式のポンチは面白い製品ですが、純粋に機能を考えると40ドル分の価値があるかは疑問です。
確かに、(癖はありますが)センターを合わせれば初心者でも正確なポンチを打てます。
ですが、慣れれば通常のポンチでも正確に打てます。

しかもサイトとポンチの入れ替えがあるので作業性が悪い。
通常のポンチが1,000円以下で買えることを考えると価格差を埋めるだけの機能を見いだせるかは・・・

関連記事



Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です