試作二号機(改)大破

スポンサーリンク

youtubeにアップロードする動画も撮れずに墜落して壊れてしまったorz

尾翼のねじが緩んでいるのに気がつかずテイクオフ→途中でコントロール不能→そのまま墜落して翼、尾翼、胴体と、全てのパーツが一度に壊れてしまいました。


Sponsored link

ただ、わずかですが、テスト飛行はできました。変化点の状態は概ね良い方に向かっています。
飛行の運動性能もかなり改善しました。
翼のロック装置は取り付けていませんが、翼を意図的にロックして滑空させたところ、こちらもかなりいい感じに飛行できることが判明。

今回は機体が大破してしまった事と、テスト飛行自体は終了したので、あえて修理せず、次のステップに移ります。
前回の記事で書いた勘違いしている可能性も修正しながら・・・

次は、二号機(改)の改善点を踏まえて三号機と四号機の開発にいよいよ移ります。
三号機と四号機は途中までコンバーチブルな設計にします。
三号機は翼の動かし方を大幅に変化させた羽ばたき機で、四号機は少々大型化し、運動性能と耐久性を向上させたモデルになります。

で、現状の二号機は、どちらかと言うと四号機の方に近いのでまずは四号機の製作に取り掛かります。
四号機の運動性能が満足のいくラインに達した段階で三号機へシフトします。
実はもう三号機の基礎設計と四号機の設計が出来ているので、すぐにでも製作が可能な段階。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで自作工房をフォローしよう!

スポンサーリンク

フォローする