アクリルと紫檀で卓上時計を作ってみた

スポンサーリンク

部屋を掃除していたら、セイコーのはめ込み式の時計が出てきたので卓上時計を自作してみることにしました。
↓発掘された時計
dsc_6060

裏側はゴムパッキンで穴にはめられる様になっています。
dsc_6064

実は、三連時計(ワールドタイム)を作ろうと思って購入した物で、同じものが4つもあります。
なかなかデザインが思いつかなかったので机の中にしまっていました。

今回良さそうなアイディアが浮かんだので早速作ってみることにします。
とりあえず、単体の卓上時計を作ります。三連時計はまた今度・・・

3D CADでモデリング

アクリルと紫檀を使って、シンプルで、ちょっとシャレたデザインの時計をコンセプトに設計しました。

time01

加工機で紫檀とアクリルを設計通りに加工します。
dsc_5980


Sponsored link

紙やすりでバリを整え、木工用みつろうクリームで仕上げます。
dsc_6066

木枠には、アクリルを固定する溝を彫りこんでいます。
意外とぴったり加工できたので接着剤は必要なさそうです。
dsc_6067

完成~

小さくてかわいい時計です。
dsc_6000

ん―。悪くないんだけど、何かイマイチな感じ。
L字型の木枠がちょっと単純だったかな?
dsc_6012

木枠をもう少しシャープな設計になおしてみました。
time02

おっ、いい感じ。 dsc_6056

スポンサーリンク

フォローする