自作CNCフライスの仮組

Sponsored link


自作CNCフライスの全過程はこちらから

自作の高精度NCフライスですが、部品まで自作するのはかなり手間がかかってしまうということで鉄工所に加工依頼を出していました。

というわけで、鉄工所から加工依頼を出した部品が届きました。
総重量は120kgほどあるそうです。自宅にあるフォークリフトに積んで運びます。
DSC_3618

部品をパレットに並べてみました。
鉄のSS400が材料なので錆が問題です。
そこで、錆に強い黒染め(黒錆)処理も依頼しておきました。
処理も均一で、大きい部品にも関わらずムラは確認できません。美しい・・・・
DSC_3620


Sponsored link

 

とりあえず、部品が設計通りに加工されているか確認するために仮組してみます。
仮組なので精度調整は一切しません。
とりあえず部品が組み付けられるかだけ確認していきます。
↓ベース土台から組み立てていきます。この状態で相当な重さ。70kg以上はあります。

DSC_3621

X軸の門になります。
とりあえず一人で組み立てていますが相当体力が要ります。
メンテナンスの際はクレーンが必要そうです・・・
DSC_3628

 

ひとまず、仮組はできました。
一か所ネジ切りが不十分でネジが入らない部分がありましたがクレームを入れるほどではないのでこちらでタップを立てて修正しました。
自作CNC

ここから一度バラして精度調整しながらもう一度組み立て直します。
調整用にストレートエッジなどを新たに購入したりと出費が重なりますが、精度調整が一番重要。
丁寧に作業をすすめていきます。

精度調整へ続く・・・

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です