NC加工用のPCが壊れたので修理



DSC_0001

NCフライスで使っているWindows7の小型パソコンが壊れたらしいので原因の特定と修理してみます。

基本的にNCフライス用のPCは常に電源が入っていて、すぐに加工できるような状態にしています。
加工中に休止モードになっては困るので休止やスタンバイを切った状態で使用しているわけです。
しかも、断熱材がない納屋の一室を使っているので夏は40℃を超える高熱になります。

さらに、パソコンは排熱性が悪い小型PCを↓こんな感じで液晶ディスプレイの後ろに取り付けています。
スペックもcorei5なのでCPU排熱を考慮すると役満クラス
_DSC0888

このような使い方が故障の原因に関係していると思われます。

【症状】

モニタが黒い画面になっていて、
「Initializing and establishing link….」と表示される
noboot02

上記の画面で5秒くらいすると、
「Reboot and Select proper Boot device or Insert Boot Media in selected Boot device and press a key」とメッセージが表示され、Windowsが起動しません。
noboot01

 

原因究明

上記の症状は要するに「起動可能なデバイスがないよ」っていう訳です。
今まで正常に起動していたわけですから、何らかの原因で起動可能(Windowsがインストールされた)デバイスが読み込めなくなったということ。

考えられる原因は・・・

  • 熱暴走or熱によるPCの破損
  • BIOSの破損や設定関連
  • SSDの破損(熱による基盤の破壊?)
  • OS(Windows)の破損

ぱっと思いつくだけでこれだけあります。
まずは一つひとつ原因を絞り込んでいきます

熱暴走or熱によるPCの破壊

電源を切ってしばらく放置し、夜間涼しくなってから電源を入れてみました。
ところが症状は変わらず。
なので熱暴走の線は消えました。
また、BIOSを立ち上げてみると正常に起動したのでPC自体が破損しているわけではないようです。
_DSC0866


Sponsored link

BIOSの破損や設定関連

上記でBIOSの起動がが確認できたのでBIOSそのものが破損しているわけではないようです。

次に、BIOSの設定がHDDブート(起動)になっているか確認します。
まれにBIOSの設定を記憶しているCMOS用のバックアップ電池が切れていることがあり、ブート設定も初期化されてしまうことがあるのです。
ところが、設定は正常。BIOS関連も正常のようです。

SSDの破損(熱による基盤の破壊?)

一応BIOS上からはSSDが認識されていることは確認していますが、認識しているからといってSSDが故障しているとは限りません。
そこで、SATA⇔USB変換ケーブルを使って別のパソコンからSSDが認識するか確認してみました。

今回利用した変換ケーブルのがこれ↓
_DSC0054

 

SSDは実はmSATAという規格で、通常のSATAとコネクタの物理的な互換性がありません。
そこで、mSATA⇔SATA変換アダプターを別途用意しました。
_DSC0050
これで準備万端

PCからSSDを取り外します。
もともとベアボーンキットで自作したPCなので内部構造は把握しています。
_DSC0041

 

ドライバーでSSDを固定しているねじを外します。
_DSC0046

 

SSDを取り外す
_DSC0048

変換アダプターにSSDを取り付ける
_DSC0051

変換アダプターにSATA⇔USB変換ケーブルを取り付ける
_DSC0056

それを別のPCにUSB接続する
_DSC0059

パソコンからSSDが認識されると、このようにマイコンピュータから中身を確認することができます。
ということは、SSDが故障したわけではなく、Windowsのシステムが破損したということが解るわけです。
hukyuu00

 

ひとまず、SSDに保存しているデータをすべて救出し、その後クリーンインストールすれば元通り。
なぜWindowsが破損したかについてはよくわかりません。
ネットワークに繋いでいるわけではありませんから、ウイルスが原因とは考え難い。
考えられる原因は常時パソコンの電源がONの状態なのでたまに落雷の停電などでシャットダウンしていることが何回かありました。

今後はこまめにシャットダウンしたほうがよいのかもしれませんね。

関連記事



Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です