ブーケスタンドとブートニアスタンドを作ってみた

スポンサーリンク

久々のブログ更新。
久しくネタが無かったのですが、アクリル板を使ってブーケスタンドとブートニアスタンドを作ってみたのでアップします。

↓今回制作した手作りブーケ・ブートニアスタンド。ブーケは造花を使った手作りの物です。
本棚に立てかけて飾っていたので、せっかくならスタンドを作ってみようと思った訳です。
手作りブーケ・ブートニアスタンド

材料は例のごとく、透明アクリルがたくさん余っているのでこちらを使います。
スタンドのデザインは既製品をまねて作ろうと思ったのですが、アクリルのブーケスタンドって意外とないものですね~。
鉄製のスタンドばかりなのであまり参考になりませんでした。

ちなみに「ブーケスタンド」で検索すると、こんな感じのスタンドがたくさんヒットします。
アイアンブーケスタンドハートL茶 514-012V
アイアンブーケスタンドハートL茶 514-012V

デザインのセンスが無いので、シンプルなデザインにしました。
二次元CADにデザインを起こして部品図を作ります。
b01
アクリルの工作品ということで、不安材料だったのが接着材です。
アクリル板を接着するには、専用の接着剤を使うのですが、接着剤の粘度が低くて速乾なので気泡が入りやすいのです。

うまく接着剤が流れればすごく綺麗に仕上がるのですが、失敗すると気泡が目立ち汚らしい仕上がりとなってしまいます・・・
綺麗に仕上げるためには、接着面をある程度平らに仕上げ、接着剤がスムーズに流れるよう、ある程度の隙間を作る事がポイント。

羽ばたき飛行機の製作冶具を作る時は、はめ合いの隙間は0.05mm~0.06mmで作っていましたが、今回は0.1mm~0.2mmの隙間が空くように設計しました。


Sponsored link

↓NCフライスで部品を加工します。
DSC_0139

部品のフライス切削が終わったらバリや汚れを落としてきれいに仕上げます。
DSC_0143

仮組みして問題が無いようなら接着剤を流し込んで固定します。
接着剤はアクリサンデーが細い注入器が付属しているので使いやすいです。

アクリル接着剤 注入器付 30ml【造形素材・図工・生活 アクリル工芸用具】B14-3201

接着して完成したブートニアスタンド↓
DSC_0146

接着剤の気泡もほとんどなく、綺麗な仕上がりとなりました。
DSC_0148

こちらはスタンドの底の部分。
こちらも綺麗に仕上がっています。
DSC_0152

ブートニアを飾ってみると、こんな感じ・・・
DSC_0159

右がブーケスタンド、左がブートニアスタンドです。微妙にデザインを変えてみました。
DSC_0169

DSC_0167

わりとそれなりの形になったからよかった、よかった。

スポンサーリンク

フォローする